コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保全異議 ほぜんいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保全異議
ほぜんいぎ

保全命令に対する債務者の主要な不服申立方法の一つで,保全命令を発すべきでないのに発したという理由で,その取消し,変更を求めて保全命令を発した裁判所に再審理を求めるもの。保全異議の手続はすべて決定手続で行われる (民事保全法3,29) 。保全異議の審理手続においては,当事者対等の確保と不意打ちの防止がはかられている。裁判所は,口頭弁論または当事者双方が立ち会うことができる審尋期日を経なければ,保全異議の申立てについての決定をすることができない (29条) が,当事者双方が立ち会うことができる審尋の期日においては参考人または当事者本人を審尋することができる (30条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

保全異議の関連キーワード高浜原発3、4号機保全抗告

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保全異議の関連情報