コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保定会戦 ほていかいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保定会戦
ほていかいせん

1937年日中戦争の初期,河北省保定付近で日本の北支那方面軍が中国軍を包囲撃滅しようとして果さなかった会戦。北支那方面軍司令官寺内寿一大将は,同年9月 24日中国軍 40万人を保定南方で捕捉し,決戦を挑む作戦を開始した。その際,板垣征四郎中将の率いる第5師団が平型関付近で新編制の中共八路軍の巧妙な作戦のために苦戦し,攻撃時間に間に合わなかった。このため保定付近の中国軍 40万人は,2万人余の損害を出したが脱出に成功。これが日中戦争を長期持久戦にもちこむ端緒をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

保定会戦の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android