コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八路軍 はちろぐんBa-lu-jun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八路軍
はちろぐん
Ba-lu-jun

1937年8月から 47年3月まで存続した中国共産党直系の中国国民革命軍第8路軍の略称。広義には華北にあったすべての共産党系部隊を総称し,さらに全国の共産党系部隊を総称することもある。 27年創設された中国工農紅軍が,日中戦争勃発直後の 37年8月 25日国民政府軍事委員会の指揮下に改編され,国民革命軍第8路軍の名称を与えられた。総指揮朱徳,副総指揮彭徳懐のもとに,第 115師 (師長林彪 ) ,第 120師 (師長賀龍 ) ,第 129師 (師長劉伯承 ) の3個師が編成された。同年9月第 18集団軍と改称されたが,一般にはなお八路軍の名称が広く用いられた。抗日戦争では平型関の戦いで勝利を収めるなど,華中新四軍とともに日本軍との戦闘で中心的な役割を果し,日本軍の降伏後,華北,内モンゴル,東北に進撃してこれを解放した。のち新四軍とともに中国人民解放軍と改称された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

八路軍【はちろぐん】

中国で抗日戦中に華北を主戦場として活躍した中国共産党軍(紅軍)の通称。呼称は日華事変(日中戦争)後の第2次国共合作進展過程中に,紅軍が国民政府軍事委員会の指揮下に入り,1937年8月に中国国民革命軍第八路軍となったことによる。
→関連項目抗日戦争三光政策朱徳スメドレー中国共産党平型関彭徳懐葉剣英

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちろぐん【八路軍 Bā lù jūn】

中国人民解放軍の前身,正称は中国国民革命軍第八路軍。1927年創建された紅軍は37年8月国共再合作がなると国民革命軍に改編された。華北にあった主力は第八路軍(国民党政府はのち戦時編成として第十八集団軍に改称したが,中国共産党側は八路軍の名を愛用し,一般民衆から〈八路〉とよばれた)に改編,第115師(長林彪),第120師(長賀竜),第129師(長劉伯承)の3個師編成とされた。八路軍は抗戦初期日本軍が華北のほとんど全域を席捲すると,空白となった敵後方に進出して,〈基本的には遊撃戦だが,運動戦もゆるがせにしない〉方針で活動し,人民を組織して根拠地を建設するという長期持久の人民戦争戦略をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はちろぐん【八路軍】

〔「中国国民革命軍第八路軍」の略〕
抗日戦争中、華北にあった中国共産党の軍隊。1937年(昭和12)8月、第二次国共合作後の称。華中・華南の新四軍とともに抗日戦の主力。日中戦争後、人民解放軍と改称。パールー軍。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八路軍
はちろぐん

抗日戦争時代の中国共産党軍の名称。1937年7月、抗日戦争勃発(ぼっぱつ)とともに国民党と共産党との統一戦線により、主として陝甘寧(せんかんねい)辺区(陝西(せんせい/シャンシー)、甘粛(かんしゅく/カンスー)、寧夏(ねいか/ニンシヤ))にあった4万余の紅軍主力は、8月、国民党軍の部隊番号である国民革命軍第八路軍を名のることになった。朱徳(しゅとく/チュートー)を総指揮、彭徳懐(ほうとくかい/ポントーホワイ)を副指揮に、3個師団からなり、林彪(りんぴょう/リンピァオ)が一一五師長、賀竜(がりゅう/ホーロン)が一二〇師長、劉伯承(りゅうはくしょう/リウポーチョン)が一二九師長に任じた。のち正式には第一八集団軍と改称されたが、通称は八路軍といい、さらに八路軍は華北(かほく/ホワペイ)一帯に活躍した中共系の正規軍・遊撃隊の総称ともなった。抗日戦争開戦直後、八路軍は黄河(こうが/ホワンホー)を東に渡り、山西(さんせい/シャンシー)省北東部の平型関では一一五師が37年9月に日本の板垣兵団を大破した。その後、日本軍占領地区を縫って進出し、一一五師は山西省五台山(ごだいさん/ウータイシャン)に晋察冀(しんさつき)辺区を樹立し、さらに河北(かほく/ホーペイ)省東部に伸びた。一二九師は太行山(たいこうさん/タイハンシャン)で晋冀魯(しんきろ)予辺区を樹立して山東(さんとう/シャントン)省に伸び、一二〇師は山西省北西に晋綏(しんすい)辺区を樹立して綏遠(すいえん/ソイユワン)省(現、内モンゴル自治区中南部)に伸びた。武漢(ぶかん/ウーハン)陥落後、国民党は中共地区への圧迫を強め、日本軍も、とくに40年以後、残虐な三光作戦を実行したため、八路軍は困難に逢着(ほうちゃく)したが、遊撃戦を展開し、ついに勝利をもたらした。抗日戦争後は、新四軍などともあわせて、人民解放軍と改称した。三大規律八項注意に代表される厳格な、人民に奉仕する規律によって、「八路(パールー)」の名は人民の救い主のような愛称となり、これが勝利の最大原因となった。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八路軍の言及

【紅軍】より

… 貴州,雲南,四川など11省を迂回した紅軍は35年10月第1陣の第1方面軍が陝西北部に到着,新たな根拠地をつくったが,総兵力は3万に減っていた。中共は35年8月1日,一致抗日宣言を発表して,抗日民族統一戦線結成の新方針を定め,36年12月の西安事件を契機に国共停戦へと進んだが,37年7月日中戦争勃発を機に国共再合作が成り,紅軍は華北の部隊が八路軍(正しくは国民革命軍第八路軍)に,華中に残留した部隊が新四軍(正しくは国民革命軍新編第四軍)に改編された。中国人民解放軍【宍戸 寛】。…

【抗日戦争】より

…37年7月7日,蘆溝橋事件(七・七事変)が勃発すると,中共はただちに抗戦宣言を発して国民に武力抵抗を呼びかけ,国民政府も戦火が上海におよんだ8月14日,抗日自衛宣言を発し,挙国抗戦の体制がととのえられた。8月下旬,工農紅軍の主力3万は国民革命軍第八路軍(八路軍と略称され,のちに第十八集団軍とも称した)に改編されて華北の抗日の前線に出撃した。9月には国共合作が正式に成立,10月,南方各省の紅軍遊撃隊も集中して新編第四軍(新四軍と略称される)を編成して華中の前線に出た。…

【中国人民解放軍】より

…1927年8月1日賀竜周恩来朱徳らによって南昌蜂起を起こしたのを機に中国労農紅軍が成立し,井岡山を根拠地とした毛沢東・朱徳の第4軍を中心に発展し,31年には江西省瑞金(ずいきん)を首都に中華ソビエト共和国を樹立したが,蔣介石軍の5次にわたる包囲作戦によって,根拠地を放棄〈二万五千里の長征〉に出,35年秋陝西省北部に新たな根拠地を定めた。 37年7月蘆溝橋事件が起こり日中戦争が始まると第2次国共合作が実現し,紅軍は国民革命軍第八路軍,新編第四軍に改編された。華北の八路軍,華中の新四軍はいずれも日本軍が占領した広大な敵後方の地域に進出して,主として遊撃戦を展開して根拠地を建設し,日中戦争後期には在華日本軍の64%,傀儡(かいらい)軍(親日政権軍)の95%を相手とするまでに発展した。…

※「八路軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八路軍の関連キーワードパイヤンティン(白洋淀)湖ファンシー(繁峙)県日本人民解放連盟三大規律八項注意日本人の留用者稗田 憲太郎ベチューン肉体の悪魔呉満有運動保定会戦佐藤猛夫三光作戦百団大戦紅槍会任弼時陳錫聯李振平李英儒劉智渠周而復

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八路軍の関連情報