コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保昌正夫 ほしょう まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保昌正夫 ほしょう-まさお

1925-2002 昭和後期-平成時代の国文学者,文芸評論家。
大正14年3月26日生まれ。武蔵野美大,相模女子大,立正大の教授をつとめた。横光利一を中心に近代文学を研究し,「定本横光利一全集」の編集,校訂にあたる。日本近代文学館の設立にもつくした。平成14年11月20日死去。77歳。東京出身。早大卒。著作に「横光利一」「横光利一全集随伴記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

保昌正夫の関連キーワード驟雨(吉行淳之介の小説)作品(文芸雑誌)石版東京図絵早稲田文学吉行淳之介河上徹太郎永井龍男木山捷平中島健蔵岩本素白結城信一夕暮まで網野菊芥川賞浅見淵直木賞森銑三月報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android