コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保皇会 ほこうかい Bao-huang-hui; Pao-huang-hui

1件 の用語解説(保皇会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保皇会
ほこうかい
Bao-huang-hui; Pao-huang-hui

中国,清末の改革派の政治集団義和団事変後,留日学生の間に排満共和の革命論が台頭すると,改革派の梁啓超は革命派の孫文との間に合作を試みた。しかし光緒 25 (1899) 年,革命派の台頭に危機感をいだいた改革派の康有為が日本に来ると合作は中断され,君主立憲を目指す保皇会が設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保皇会の関連キーワード北清事変劉鶚劉坤一義和団義和団事件慶親王奕劻団匪団匪事件懐遠府東交民巷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone