中国革命同盟会(読み)ちゅうごくかくめいどうめいかい(英語表記)Zhong-guo ge-ming tong-meng-hui; Chung-kuo ko-ming t`ung-mêng-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国革命同盟会
ちゅうごくかくめいどうめいかい
Zhong-guo ge-ming tong-meng-hui; Chung-kuo ko-ming t`ung-mêng-hui

中国,清朝打倒を目指す革命団体で,光緒 31 (1905) 年東京で結成。中国同盟会ともいう。孫文興中会黄興華興会章炳麟光復会などの革命団体が結集されたもので,留学生などの知識人会党新軍兵士,華僑などが参加した。孫文が総理 (会長) となり,三民主義綱領とした。機関誌民報』で革命の宣伝に努め,またしばしば武装蜂起を行い,辛亥革命を指導した。 1912年国民党改組。のちの中華革命党,中国国民党の前身である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうごく‐かくめいどうめいかい〔‐カクメイドウメイクワイ〕【中国革命同盟会】

中国、末の政治団体。1905年、孫文らを中心に興中会華興会などの団体を大同団結して東京で結成。三民主義を綱領とし、機関紙「民報」を発刊。清朝打倒、民主主義革命の達成を目標とした。1912年、中国国民党に改組。中国同盟会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうごくかくめいどうめいかい【中国革命同盟会】

辛亥しんがい革命を指導した革命的政治団体。1905年、孫文が中心となり、東京で興中会・華興会・光復会を合同して結成。三民主義を基本綱領とし、機関紙「民報」を発行。12年、国民党に改組。中国同盟会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android