保科正俊(読み)ほしな まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科正俊 ほしな-まさとし

1511-1593 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)8年生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠氏に属していたが,武田信玄の信濃侵略に際して信玄の配下となり,高遠城主となる。信濃先方衆騎馬120騎持。槍弾正とよばれた。武田氏滅亡後は徳川家康につかえた。文禄(ぶんろく)2年8月6日死去。83歳。通称は甚四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android