コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護責任者遺棄罪(読み)ほごせきにんしゃいきざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保護責任者遺棄罪
ほごせきにんしゃいきざい

老人,幼児,障害者または病者を保護すべき責任のある者がこれを遺棄し,またはその生存に必要な保護をしない罪 (刑法 218条1項) 。本罪の保護責任は法律,契約に基づくもののほか,事務管理や条理に基づくものも含む。たとえば,民法上の扶養義務は典型例である。また,自動車の運転者が過失によって人を轢いたような場合,先行行為による保護責任が生じうる (→轢き逃げ ) 。遺棄とは,被遺棄者を危険な場所に移す行為 (移置) と危険な場所に放置して立去る行為 (置去り) を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保護責任者遺棄罪の関連情報