コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護責任者遺棄罪 ほごせきにんしゃいきざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保護責任者遺棄罪
ほごせきにんしゃいきざい

老人,幼児,障害者または病者を保護すべき責任のある者がこれを遺棄し,またはその生存に必要な保護をしない罪 (刑法 218条1項) 。本罪の保護責任は法律,契約に基づくもののほか,事務管理や条理に基づくものも含む。たとえば,民法上の扶養義務は典型例である。また,自動車の運転者が過失によって人を轢いたような場合,先行行為による保護責任が生じうる (→轢き逃げ ) 。遺棄とは,被遺棄者を危険な場所に移す行為 (移置) と危険な場所に放置して立去る行為 (置去り) を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほごせきにんしゃいき‐ざい〔ホゴセキニンシヤヰキ‐〕【保護責任者遺棄罪】

保護責任者遺棄等罪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保護責任者遺棄罪の関連キーワード身分犯遺棄罪捨て子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保護責任者遺棄罪の関連情報