コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置(き)去り オキザリ

デジタル大辞泉の解説

おき‐ざり【置(き)去り】

《「おきさり」とも》
その場に残したまま、行ってしまうこと。置き捨て。「子供を置き去りにする」「絶海の孤島に置き去りにされる」
重要でないものとして、放置すること。「利益を追求するあまり品質が置き去りにされている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

置(き)去りの関連キーワード保護責任者遺棄罪カライスとゼテスナクソス[島]ディオニュソスハロゲン電球アリアドネ百合若大臣ハドソンヒュラス百合若呉虞

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android