コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保革共存政権 ほかくきょうぞんせいけんcohabitation

翻訳|cohabitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保革共存政権
ほかくきょうぞんせいけん
cohabitation

大統領・首相という権力の中枢に保革が同時に存在する状態を示す。フランスの第五共和政は大統領に強大な権力を集中させ,大統領の出身政党が国民議会 (下院) の過半数を占めてきたため,国家権力の統一性は揺るがなかった。しかし,1986年3月の総選挙で保守連合が勝利した結果,社会党ミッテラン大統領が保守政党の共和国連合シラク総裁を首相に指名し,行政権の二重性の状態が初めて現出した。 88年5月の大統領選挙でミッテランが再選され議会を解散するまで,大統領と首相は互いに妥協しつつ,微妙なバランスを保った。 1993年3月の総選挙で社会党が大敗し,再び保革共存政権が誕生した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保革共存政権の関連キーワードミシェル アリヨマリフランス民主連合フランス社会党コアビタシオンフランスの左派バラデュールジョスパンフランス史サルコジオランド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android