共和国連合(読み)きょうわこくれんごう(英語表記)Rassemblement pour la République

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共和国連合
きょうわこくれんごう
Rassemblement pour la République

略称 RPR。フランスの政党。いわゆるドゴール派 (→ドゴール ) 。第2次世界大戦後の挙国一致政府が崩壊したあとの 1947年4月,C.ドゴール将軍の呼びかけによって結成されたフランス国民連合の後身。ドゴールが政界復帰したあと,58年 10月に新共和国連合 UNRとして再発足し,のち共和国民主連合 UDRと改称,ドゴール体制下で圧倒的な勢力を誇った。 69年のドゴール下野後も G.ポンピドー大統領のもとで団結を維持したが,同大統領死去後の 74年5月の大統領選挙で同党公認候補の J.M.P.シャバン=デルマスが敗れ,党内シラク派の推した独立共和派の V.ジスカールデスタンが当選したことから党内の亀裂が表面化。その後 J.シラク首相の主導権のもとで党内を再編し,与党連合の大勢力となったが,シラクとジスカールデスタン大統領の対立が激化して,76年8月シラク首相が辞任してから是々非々主義をとり,76年 12月の党大会で共和国連合と改称。対外政策,国防面でのフランスの独立維持,第五共和政の擁護と行政権の安定,経済成長と「参加」による社会政策推進など,いわゆるドゴール主義の継承発展を党是としていたが,シラクの実権掌握以後保守化傾向を強めていった。 81年の大統領選挙と総選挙ではともに社会党に惨敗したが,86年3月の総選挙では勢力を盛返し,シラク総裁が首相に就任し保革共存政権が誕生した。 93年の選挙ではフランス民主連合 UDFと組んで圧勝。 E.バラデュール首相が誕生した。 95年5月の大統領選挙で社会党候補を破りシラクが当選,A.ジュペが首相となった。だがジュぺ内閣は失業対策で批判を浴び,97年6月の総選挙では社会党に政権を奪われ,シラク大統領のもとで社会党の L.ジョスパン首相による3度目の保革共存政権が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の共和国連合の言及

【独立共和派】より

…74年ド・ゴール体制を受け継いでいたポンピドゥー大統領の急死によって行われた後任選挙で,ジスカール・デスタンが左翼統一候補ミッテランを決選投票でわずかに上回って当選,ド・ゴール派とともに与党を形成した。しかしド・ゴール派が76年に首相を辞任したJ.シラクを中心に共和国連合(RPR)を形成,これに対し独立共和派は77年共和党を,78年には民主社会中道派や急進党とフランス民主連合(UDF)を結成して与党内の主導権保持に努めた。しかし,81年5月の大統領選挙で社会党のミッテランが当選した結果,野に下った。…

※「共和国連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共和国連合の関連情報