コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信岡平六 のぶおか へいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信岡平六 のぶおか-へいろく

1755-1833 江戸時代後期の治水家。
宝暦5年生まれ。家は代々備後(びんご)戸手村(広島県新市町)の庄屋。神谷(かや)川の堤防をきずき,大佐山山麓から戸手への用水路をひらいて灌漑(かんがい)施設を整備した。天保(てんぽう)4年8月10日死去。79歳。名は祐義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信岡平六の関連キーワードリスボン島津重豪ハーシェル忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android