コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信岡平六 のぶおか へいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信岡平六 のぶおか-へいろく

1755-1833 江戸時代後期の治水家。
宝暦5年生まれ。家は代々備後(びんご)戸手村(広島県新市町)の庄屋。神谷(かや)川の堤防をきずき,大佐山山麓から戸手への用水路をひらいて灌漑(かんがい)施設を整備した。天保(てんぽう)4年8月10日死去。79歳。名は祐義。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

信岡平六の関連キーワードリスボン島津重豪ハーシェル忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android