コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信州紬 しんしゅうつむぎ

1件 の用語解説(信州紬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんしゅうつむぎ【信州紬】

絹織物の一種。長野県全域10市17町村で生産される手織紬をいい,伝統的工芸品指定品。山繭紬(野蚕紬),上田紬,飯田紬,伊那紬,絁紬(あしつむぎ),絓紬(しけつむぎ),ふとり紬などがある。上田紬は17世紀後半から織りはじめられ,上田縞として知られていた。幕末には藩営の紬改所もあった。他の紬産地もすでに18世紀初期から生産され,野蚕とくに天蚕糸使いは希少価値がある。経糸は平絹糸,玉糸,手紬糸,緯糸は手紬糸,絁糸,絓糸が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信州紬の関連キーワード絹織物銘仙紀伊生織物呉服ダマスク太物布帛琥珀織アップルランド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone