信州紬(読み)しんしゅうつむぎ

世界大百科事典 第2版の解説

しんしゅうつむぎ【信州紬】

絹織物の一種。長野県全域10市17町村で生産される手織紬をいい,伝統的工芸品指定品。山繭紬(野蚕紬),上田紬飯田紬伊那紬,絁紬(あしつむぎ),絓紬(しけつむぎ),ふとり紬などがある。上田紬は17世紀後半から織りはじめられ,上田縞として知られていた。幕末には藩営の紬改所もあった。他の紬産地もすでに18世紀初期から生産され,野蚕とくに天蚕糸使いは希少価値がある。経糸は平絹糸,玉糸,手紬糸,緯糸は手紬糸,絁糸,絓糸が使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

信州紬[染織]
しんしゅうつむぎ

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
松本市・上田市飯田市などで製作されている。信州紬は、山繭紬をはじめ上田紬・松本紬・飯田紬・伊那紬など長野県内各地で産出される紬の総称。江戸時代には、信州の各藩が競って養蚕を奨励したため、信州全域が紬の産地として栄えた。戦後は、長野県や県内の市町村が紬織物の復興に力を入れたため、長野県全域で生産が活発になった。1975(昭和50)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android