コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信日 しんにち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信日 しんにち

?-1307 鎌倉時代の僧。
叡尊(えいそん)の甥(おい)。信堅の兄。真言宗。高野山大楽院の賢雄にまなび,桜池院の恵深から灌頂(かんじょう)をうける。のち大楽院をつぎ,「大日経疏」などを講義した。徳治(とくじ)2年2月24日死去。紀伊(きい)名草郡(和歌山県)出身。字(あざな)は禅智。著作に「大日経疏勘文」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

信日の関連キーワード電子メールソフト記念スタンプ通信日付印年賀郵便坂本周斎浜本 浩狩野孝信草川 信通信履歴鎌倉時代日貞尼叡尊放送履歴

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信日の関連情報