信用購入斡旋(読み)シンヨウコウニュウアッセン

デジタル大辞泉「信用購入斡旋」の解説

しんようこうにゅう‐あっせん〔シンヨウコウニフ‐〕【信用購入×斡旋】

消費者が販売会社から商品・サービスを購入する際に、クレジット会社代金を立て替え払いし、後日、消費者が代金に相当する額をクレジット会社に支払うこと。割賦販売法での販売信用分類の一つ。
[補説]商品を購入するごとに与信契約を結ぶ個別信用購入斡旋(あっせん)個別クレジット)と、クレジットカードの限度額内で自由に商品を購入できる包括信用購入斡旋がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android