コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修山里古墳 しゅうさんりこふんSusan-ri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修山里古墳
しゅうさんりこふん
Susan-ri

北朝鮮平安南道江西郡修山里で 1971年に発掘された高句麗壁画古墳。方台形の封土をもち,墓室花崗岩の切り石で造られた1辺約 3.2mの方形の単室である。天井は三角持送り式である。南側中央に羨道がつく。羨道に武器を持った門衛,玄室西壁には主人公夫妻の屋外生活図,北壁には主人公の室内生活図,東壁には行列図が描かれていて,高句麗の一般的な壁画古墳と同巧である。報告では5世紀のものと編年されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

修山里古墳の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android