倉次亨(読み)くらなみ とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉次亨 くらなみ-とおる

1829-1905 明治時代の殖産家。
文政12年生まれ。もと下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩士。かつての家老西村茂樹の藩士を帰農させようとする呼びかけに応じ,仲間をつのり同協社を組織。明治5年から千葉県印旛(いんば)郡の原野を開拓し,茶園にした。明治38年死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android