コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉科希言 くらしな かずとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉科希言 くらしな-かずとき

1799-1874 江戸時代後期の歌人。
寛政11年生まれ。京都で香川景樹(かげき)にまなぶ。信濃(しなの)(長野県)の松本歌壇で桂園(けいえん)派の中心として活躍。書画にもすぐれた。明治7年6月死去。76歳。信濃出身。通称は清三,半左衛門。号は言度,中谷。名は「まれこと」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉科希言の関連キーワードおもなお雇い外国人ブラウンブラウンブラウン(Charles Brockden Brown)渡辺重石丸自由民権運動わが祖国ワレンシュタイン序曲ヘルダーリン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android