コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倍率(光学) ばいりつ

百科事典マイペディアの解説

倍率(光学)【ばいりつ】

一般には光学系でできる像と物体の大きさの比。小さい線分を光軸上においたときの倍率を縦倍率,光軸に垂直においたときの倍率を横倍率という。眼鏡や顕微鏡の倍率は像を明視の距離(25cm)につくったときの横倍率を用い,望遠鏡では像の視角と物体を直接肉眼で見たときの視角との正接の比(角倍率)を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

倍率(光学)の関連情報