コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭城 わじょう

1件 の用語解説(倭城の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わじょう【倭城】

文禄・慶長の役(1592‐98)に際して日本軍が朝鮮南部に築城した城郭。日本軍が朝鮮に侵入したとき,日本からの軍需物資を保管し,その補給路を確保する拠点にした城郭で,慶尚・全羅両道の海岸に20数城築き,その多くは遺構を残している。その他,釜山・平壌間の10余のつなぎ城をはじめ,各地に倭城が20数城もあったが,これらは臨時応急のもので,その遺構は知られていない。その配置は釜山城が全体を統轄し,各地の要衝にそれぞれ大名の預かる本城と,これを擁護する端城(支城)とがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の倭城の言及

【城】より

…そしてこれらの城に天守が完成するのは,文禄年間(1592‐96)のことである。 文禄・慶長の役(1592‐93,97‐98)に際して,秀吉は朝鮮への前進基地となる肥前の東松浦半島北端に名護屋城を築き(1591),朝鮮に渡った諸侯は占領地に日本式の石垣造りで城を築いた(倭城と呼ばれる)。しかし秀吉の死によって朝鮮半島から撤兵し,名護屋城もまもなく廃城となった。…

※「倭城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倭城の関連キーワード上野焼古活字版朝鮮通信使慶長の役朝鮮出兵文禄文禄の役豊臣秀吉の朝鮮出兵鍋島直茂(1538~1618)来島通総

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倭城の関連情報