コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭城 わじょう

世界大百科事典 第2版の解説

わじょう【倭城】

文禄・慶長の役(1592‐98)に際して日本軍が朝鮮南部に築城した城郭。日本軍が朝鮮に侵入したとき,日本からの軍需物資を保管し,その補給路を確保する拠点にした城郭で,慶尚・全羅両道の海岸に20数城築き,その多くは遺構を残している。その他,釜山・平壌間の10余のつなぎ城をはじめ,各地に倭城が20数城もあったが,これらは臨時応急のもので,その遺構は知られていない。その配置は釜山城が全体を統轄し,各地の要衝にそれぞれ大名の預かる本城と,これを擁護する端城(支城)とがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の倭城の言及

【城】より

…そしてこれらの城に天守が完成するのは,文禄年間(1592‐96)のことである。 文禄・慶長の役(1592‐93,97‐98)に際して,秀吉は朝鮮への前進基地となる肥前の東松浦半島北端に名護屋城を築き(1591),朝鮮に渡った諸侯は占領地に日本式の石垣造りで城を築いた(倭城と呼ばれる)。しかし秀吉の死によって朝鮮半島から撤兵し,名護屋城もまもなく廃城となった。…

※「倭城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倭城の関連キーワード文禄

倭城の関連情報