コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側鎖説 そくさせつside chain theory

世界大百科事典 第2版の解説

そくさせつ【側鎖説 side chain theory】

P.エールリヒによって1900年ころ提唱された免疫理論。彼は細胞表面に特定の抗原と反応できる側鎖の存在を仮定し,外来の抗原(彼はその当時扱っていたジフテリアなどの細菌毒素を念頭においていた)が側鎖と反応すると細胞は破壊され,過剰の側鎖が血中に放出されると考えた。この側鎖がとりも直さず抗体であり,彼の理論は後のバーネットF.M.Burnetのクローン選択説の原型とも考えられる。免疫【藤原 道夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

側鎖説の関連キーワード酒井雄三郎アンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone