コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側鎖説 そくさせつside chain theory

世界大百科事典 第2版の解説

そくさせつ【側鎖説 side chain theory】

P.エールリヒによって1900年ころ提唱された免疫理論。彼は細胞表面に特定の抗原と反応できる側鎖の存在を仮定し,外来の抗原(彼はその当時扱っていたジフテリアなどの細菌毒素を念頭においていた)が側鎖と反応すると細胞は破壊され,過剰の側鎖が血中に放出されると考えた。この側鎖がとりも直さず抗体であり,彼の理論は後のバーネットF.M.Burnetのクローン選択説の原型とも考えられる。免疫【藤原 道夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

側鎖説の関連キーワードエールリッヒ仮説

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android