コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側鎖説 そくさせつ side chain theory

1件 の用語解説(側鎖説の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そくさせつ【側鎖説 side chain theory】

P.エールリヒによって1900年ころ提唱された免疫理論。彼は細胞表面に特定の抗原と反応できる側鎖の存在を仮定し,外来の抗原(彼はその当時扱っていたジフテリアなどの細菌毒素を念頭においていた)が側鎖と反応すると細胞は破壊され,過剰の側鎖が血中に放出されると考えた。この側鎖がとりも直さず抗体であり,彼の理論は後のバーネットF.M.Burnetのクローン選択説の原型とも考えられる。免疫【藤原 道夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

側鎖説の関連キーワードRSA暗号系エールリヒサウルラウエギャルリーサンチュベール首振り三年ころ八年チフスコロイダル・シールアムダールの法則同形律

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone