コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傘屋/笠屋 カサヤ

2件 の用語解説(傘屋/笠屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさ‐や【傘屋/×笠屋】

傘または笠を作ったり、売ったりする人。また、その店。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傘屋
かさや

傘を製作・販売する職人。傘はからかさ(唐傘)ともいい、雨や雪や強い日を避けるための日常用具であったため、16世紀の室町後期には、その需要に応じた専門職人として傘張(かさはり)が誕生していた。細い割竹を骨とし木製のろくろを使って骨組に紙や絹を張って柄(え)をつけたもので、骨の数は50本が普通であった。雨天のときの雨傘は紙に油を引いた。17世紀の江戸前期には開閉が自由なようにくふうされた。居職(いじょく)としての傘屋が京都・大坂にでき、生産と販売をしていた。番傘という貸し傘もつくられた。18世紀の江戸中期には、江戸そのほかの城下町にも傘屋が生まれ、庶民の需要に応じてきた。しかし、江戸では上方(かみがた)風の上方からの下り傘が依然として好まれ、数多くの下り傘問屋が取引していた。販売だけの小売傘屋もできてきた。また、破れた傘を買い集める古骨買いも現れ、傘屋で再生された。近代になってから、洋傘が使われるようになり、いわゆる和傘の需要は減ってきた。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傘屋/笠屋の関連キーワード際物師油屋網大工粉屋指物屋書肆はったり諷詠遊吟書役

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone