コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債権保全火災保険 サイケンホゼンカサイホケン

2件 の用語解説(債権保全火災保険の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいけんほぜん‐かさいほけん〔‐クワサイホケン〕【債権保全火災保険】

債権者が債務者からの抵当として設定した物件が火災などによって損害を被った際に、それを填補する保険。債権者が契約し被保険者となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

債権保全火災保険

金融機関等の債権者は、債権の確実な回収を図るため、債務者に対し建物等の不動産に抵当権を設定させるが、抵当権の目的物(抵当物)に火災等によって損害が生じた場合に抵当権者(=債権者)が被る損害をてん補する保険を指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone