コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾斜試験 ケイシャシケン

デジタル大辞泉の解説

けいしゃ‐しけん【傾斜試験】

船の重心の上下位置を測定する試験。甲板上の重量物を横方向に移動したときの傾斜から算出する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいしゃしけん【傾斜試験 inclining experiment】

船や海洋構造物などの浮体が,風,波などの外力によって傾斜するとき,外力に抗して元にもどろうとする復原性能の良否は浮体の重心の垂直高さに依存する。この重心高さを調べるために行う試験を傾斜試験という。浮体の上で小重量物(重量w)を水平横方向にlだけ移動させたとき,浮体が微小角θ傾斜し,傾斜偶力wl・cosθと浮体の復原力が等しくなり静的つり合いの状態になったとする。微小傾斜時の復原力は浮体の重量をW,重心(G)上のメタセンター(M)までの垂直距離をRとすれば,WR・sinθで与えられるので,傾斜角θを計測すれば,Rwl/(Wtanθ)によってRが求められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

傾斜試験の関連キーワード神経調節性失神復原力

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android