藤野(読み)ふじの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤野
ふじの

神奈川県北西部,相模原市北西部の旧町域。相模川の両岸にまたがる。北半は関東山地,南半は丹沢山地の末端が占める。 1955年吉野町と牧野村,日連村,名倉村,佐野川村の4村が合体して藤野町が成立。町名は中心地区となった藤野からとった。 2007年相模原市に編入。相模川をせき止めた相模湖北岸にある吉野は,近世は甲州街道宿場町として栄えた。茶などを産し,観光農園も多い。北部に陣馬山,和田峠,南部に道志川の谷,奥相模湖などがあり,キャンプ,釣りの適地。正念寺などの古社寺,国指定重要文化財の石井家住宅がある。一部は陣馬相模湖県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤野
ふじの

神奈川県の北西端、津久井(つくい)郡にあった旧町名(藤野町(まち))。現在は、相模原(さがみはら)市の西部を占める緑(みどり)区の一地域。1955年(昭和30)吉野(よしの)町と日連(ひづれ)、名倉(なぐら)、牧野、佐野川の4村が合併して藤野町と改称。2007年(平成19)相模原市に編入。JR中央本線、国道20号が通り、中央自動車道の相模(さがみ)湖インターチェンジがある。これら幹線交通路に沿う低地は旧町域の10%程度で、旧甲州街道の吉野、関野両宿から続く市街地のほかは農山村である。かつては養蚕が主産業であったが、近年ではユズ、クリ、茶、山菜が特産。ほかにシイタケの栽培、ユズやウメの加工品開発、観光農業に力を入れている。東部に相模湖があり、首都圏の緑のオアシス地域で、都市勤労者の憩いの場として観光農園の藤野園芸ランド、県立藤野芸術の家、和竿(わさお)美術館が設けられている。西部は山梨県と接するが、生活上は東京都西部や相模原市中心市街地との結び付きが深い。北東の陣馬(じんば)山(857メートル)は奥高尾ハイキングコースの拠点で、初秋の月見の最適地として知られる。沢井の石井家住宅(非公開)は国指定重要文化財。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤野の関連情報