コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧階 そうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧階
そうかい

僧侶の階級。全国の僧尼を統轄する役職に僧正僧都律師の3綱があり,僧正と律師にはそれぞれ低位から順に,権,正,大の3階級があり,僧都には権少,少,正,権大,大の5階級がある。そのほか,無位,伝燈入位,伝燈住位,伝燈満位,伝燈法師位,大法師位,または法橋上人位,法眼和尚位,法印大和尚位などの階級がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐かい【僧階】

僧侶の階級・位階

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうかい【僧階】

僧侶の階級。僧正の権ごん・正・大の三階、僧都そうずの権少・少・正・権大・大の五階など。 → 僧位

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

僧階の関連キーワード帽子(もうす)鈴江 純浄彦龍周興筒井順慶日蓮宗良弁僧位僧侶上座竪義直綴

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僧階の関連情報