償い(読み)ツグノイ

デジタル大辞泉「償い」の解説

つぐのい〔つぐのひ〕【償い】

《古くは「つくのい」》「つぐない」に同じ。
亭主の平あやまりにあやまるをせめてもの―に」〈蘆花思出の記

つぐない〔つぐなひ〕【償い】

つぐなうこと。また、そのための金銭行為。「罪の償いをする」
[類語]犠牲いけにえ代償えじき好餌捨て石身代わり人身御供スケープゴート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android