コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨石 すていしrefuse; waste; debris; tailings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捨石
すていし
refuse; waste; debris; tailings

鉱山,炭鉱などにおいて坑道掘進,採鉱 (採炭) ,選鉱 (選炭) などの過程で選別されて出てくる不要の岩塊,岩片,スライム (岩石などの微細粒子) などの総称。廃石廃滓 (特に微細なもの) ともいい,鉱山では主として「ずり」,炭鉱では「ぼた」または「ずり」と呼ばれている。捨石は露天採掘跡,谷間,平地などに堆積して廃棄されるほか,充填採鉱法を採用している鉱山では充填材として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すて‐いし【捨(て)石/棄て石】

道ばたや野原などにころがっている石。
日本庭園で、風趣を添えるために所々に配した石。景石(けいせき)。
橋脚などを造るとき、水勢を弱めるために水中に投入する石。
囲碁で、自分の形勢を有利に導くため、相手に取らせるように打つ石。
鉱山や炭鉱で捨てられる、価値のない石。ずり。ぼた。
将来、または大きな目的のために、その場では無用とも見える物事を行うこと。また、その人。「民族独立のための捨て石となる」
大きな目的を達成するために見捨ててしまう事柄。犠牲。「本土防衛の捨て石として長く忍耐を強いられる」
[補説]67囲碁の捨て石から。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の捨石の言及

【庭園】より

… 17世紀も中期になると町人の文化が栄え,華やかな風潮が支配する時期を迎えたが,庭園も広い芝生をとった明るいものになった。中世のように池泉にも石組みを多く使わず,石を使うときも,捨石といって要所に1個だけを捨てたかのように配することが行われた。まるみのある石が好んで使われたのはこのころである。…

※「捨石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

捨石の関連キーワードとび・土工・コンクリート工事(建設業許可の一種)カット・アンド・フィル採鉱法海中工事技術の知識ベース御子・皇子・皇女・親王バケット式積込機ずり混入率スナイダー無過失責任根固め工鉱山保安鉱害賠償春雨物語消波工房州石扞止堤小沼正防波堤突堤玉石護岸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android