コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元和郡県志 げんなぐんけんし Yüan-ho-chünhsien-chih

2件 の用語解説(元和郡県志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元和郡県志
げんなぐんけんし
Yüan-ho-chünhsien-chih

中国,唐代の地理書。唐の宰相李吉甫 (758~814) が元和8 (813) 年2月に憲宗に奉ったもの。 42巻より成っていたが,現存するものは,そのうち6巻半を欠いている。唐代の行政区画ごとに書かれた現存最古の地誌で,内容はきわめてすぐれ,唐代研究に不可欠の書。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんなぐんけんし【元和郡県志 Yuán hé jùn xiàn zhì】

中国,唐代の地理志。40巻。李吉甫撰。憲宗の元和年間(806‐820)の郡県志で,単独で中国全土の地理をしるした総志としては現存最古のもの。全国を10道に分け,47鎮の管轄下の府州県ごとに沿革,位置,戸口数と郷数,物産などの地誌的記載をみたしている。元来は《元和郡県図志》といい,47鎮の地図を編首にのせていたが,その〈図〉は失われ今は〈志〉のみが34巻分残っている。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元和郡県志の関連キーワード賈耽牛僧孺西域水道記太平寰宇記島夷誌略西遊録南斉書輿地誌略地理志李吉甫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone