コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元興寺伽藍縁起 がんごうじがらんえんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

がんごうじがらんえんぎ【元興寺伽藍縁起】

正しくは《元興寺伽藍縁起幷流記(るき)資財帳》といい,747年(天平19)に僧綱所へ提出した元興寺の縁起。仏教伝来の年を538年とし,それより推古朝に至るまで蘇我氏が仏教興隆に尽力したことを強調。建興寺(豊浦寺)の縁起を混淆する部分もあるが,古拙な文体で,国語研究にも貴重な文献。現行本は醍醐寺蔵の《諸寺縁起集》に収めるもので,1165年(永万1)僧慈俊が編集・考証し,〈資財帳〉の個所は略抄されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元興寺伽藍縁起の関連キーワード法明尼(1)大王(尊称)仏教の公伝元興寺縁起欽明天皇宣化天皇鞍作鳥什物

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android