元興寺伽藍縁起(読み)がんごうじがらんえんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

がんごうじがらんえんぎ【元興寺伽藍縁起】

正しくは《元興寺伽藍縁起幷流記(るき)資財帳》といい,747年(天平19)に僧綱所へ提出した元興寺の縁起。仏教伝来の年を538年とし,それより推古朝に至るまで蘇我氏が仏教興隆に尽力したことを強調建興寺(豊浦寺)の縁起を淆する部分もあるが,古拙文体で,国語研究にも貴重な文献。現行本は醍醐寺蔵の《諸寺縁起集》に収めるもので,1165年(永万1)僧慈俊が編集・考証し,〈資財帳〉の個所は抄されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android