先天無虹彩(症)(読み)せんてんむこうさいしょう(英語表記)Congenital Aniridia

家庭医学館の解説

せんてんむこうさいしょう【先天無虹彩(症) Congenital Aniridia】

[症状]
 生まれつき虹彩の発育が不良のもので、前方から見ると瞳孔(どうこう)(ひとみ)が真っ黒に見え、虹彩が見えません。
 症状としては羞明(しゅうめい)(まぶしがる)、弱視(じゃくし)、眼振(がんしん)(黒目(くろめ)の震(ふる)え)があり、多くが白内障(はくないしょう)や緑内障(りょくないしょう)をともないます。
 治療法はありません。羞明は色つきコンタクトレンズを装用して防ぎます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android