先決問題要求の虚偽(読み)センケツモンダイヨウキュウノキョギ

デジタル大辞泉の解説

せんけつもんだいようきゅう‐の‐きょぎ〔センケツモンダイエウキウ‐〕【先決問題要求の虚偽】

論証において、結論を証明するための前提を証明なしに採用している誤り。前提自身の証明が先決問題として要求される。例えば「聖書は真理を語っている。なぜならそれは神の言葉であるからである」の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せんけつもんだい【先決問題】 要求(ようきゅう)の虚偽(きょぎ)

(petitio principii の訳語) 証明すべき結論と同じ命題を証明なしに前提として置いてしまう議論の虚偽。そのような前提の証明を先決問題として要求しなければならないというところから、この名で呼ばれている。〔論理学(1916)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android