コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光子計数法 こうしけいすうほうphoton counting

1件 の用語解説(光子計数法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうしけいすうほう【光子計数法 photon counting】

光電子増倍管など外部量子効果型の光検出器を用いた,極微弱光の測定法の一つ。光電子増倍管の出力を十分に早い応答をもつオシロスコープで観測しながら入射光をしだいに弱めていくと,無数のパルスが重畳する形で現れていた出力が,分離したとびとびのパルス列に変わっていくことがわかる。これは光電面を飛び出す電子の一つ一つ二次電子増倍されてのち,出力側に分離された形で現れるからである。この状態では,それら電荷の平均値を平均電流として測定することは困難であっても,出力パルスを計数することによって目的は達せられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone