コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重畳 チョウジョウ

2件 の用語解説(重畳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じょう〔‐デフ〕【重畳】

[名](スル)
幾重にも重なること。
「峰巒―して長く飛騨、越中、越後の境に亘り」〈木下尚江良人の自白
この上もなく満足なこと。大変喜ばしいこと。感動詞的にも用いる。頂上。
「あすの喜び、お家の為にも―じゃ」〈逍遥桐一葉
[ト・タル][文][形動タリ]幾重にも重なっているさま。「見渡すかぎり重畳たる山並み」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじょう【重畳】

( トタル ) スル [文] 形動タリ 
幾重にもかさなっている・こと(さま)。 「 -たる山脈」 「中央に-せる山系/日本風景論 重昂
この上もなく喜ばしいこと。きわめて満足なこと。感動詞的にも用いる。 「 -の至り」 「それはでかした、-、-」 「御無事でお帰りなさるは何より-/色懺悔 紅葉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重畳の関連情報