コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学対掌体 こうがくたいしょうたいoptical antipode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光学対掌体
こうがくたいしょうたい
optical antipode

鏡像体ともいう。光学活性現象は原子の四面体配置または分子の形が互いに重ね合すことのできない構造をとることによって起る1対以上の異性体が存在するときに現れる。このとき一方の異性体を他方の対掌体であるという。互いに対掌体の関係にある分子は右手と左手の関係にあるため,この名がある。対掌体には不斉炭素原子に結合した原子または原子団の配列によるもの,分子不斉によるものなどがある。対掌体の等量混合物または化合物をラセミ体という。また結晶が物体とその鏡像の関係にあって互いに重ね合すことのできない像をエナンチオモーフィ (左右像) といい,結晶をエナンチオマーという。しかし有機化学ではエナンチオマーを対掌体の意味に使うことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

光学対掌体の関連キーワードジアステレオマーアミン(化合物)ラセミ体の分割光学異性体立体配置ラセミ化メソ形不斉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android