コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左右像 さゆうぞうenantiomorph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左右像
さゆうぞう
enantiomorph

半面像や四半面像に属する結晶 (→結晶族 ) のうち,対称面および対称の中心をもたない結晶の形態。左右の手のように重ね合すことができない関係にある。対掌体ともいう。 (→光学対掌体 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone