コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡像 きょうぞうreflected image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡像
きょうぞう
reflected image

鏡映の関係にある2点を,互いに他の鏡像という。円に関しては反転の関係にある2点をいう。三次元以上の場合にも拡張して用いられる。 (→光学対掌体 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ぞう〔キヤウザウ〕【鏡像】

鏡に映る像。一般に、平面に関して対称をなす点や物体の像。
中心O、半径rの球で、その空間にO以外の点Pをとり、その半直線OP上にOP・OQ=r2となる点Qをとったとき、P・Qを相互にその鏡像であるという。→反転4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鏡像【きょうぞう】

(1)一つの直線または平面に関し対称な2点があるとき,一方を他方の鏡像という。(2)平面上に中心O,半径rの円があり,平面上のO以外の点Pが半直線OQ上にあって,OP×OQ=r2であるとき,2点P,Qは円Oに関し互いに鏡像の位置にあるという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうぞう【鏡像】

鏡面に神仏の姿や梵字などを線刻または墨書し,社寺に奉納,礼拝したもので,御正体(みしようたい)とも呼ばれる。日本では平安時代から江戸時代まで盛んに製作された。古来,鏡は万象を照らし映し出す神秘的な性格のために霊宝として尊崇され,神社の御神体としてまつられる一方,仏教においては鏡を仏の霊と観じる思想も行われ,仏像の胎内に納めたり,壇鏡や荘厳具としても用いられた。これに天台法華の教義に基づく神仏習合の思想が加わり,鏡面本地仏や種子を刻出するようになったものがいわゆる鏡像で,はじめ日本で創始されたと考えられていたが,入宋僧の奝然(ちようねん)が帰朝のおり請来した釈迦如来像(清凉寺)の胎内より線刻水月観音像が発見されるに及んで,中国でも製作されていたことが明らかとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうぞう【鏡像】

鏡に映る像。
〘数〙
直線または平面に関して、対称な点や物体の像。
中心 O 、半径 r の球面があるとき、 O と異なる一点 P に対し、半直線 OP 上にあり、OPOQr 2 となるような点 Q をこの球面に関する P の鏡像という。
御正体みしようたい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鏡像の言及

【懸仏】より

…神の依代(よりしろ)として作られた鏡に御正体(みしようたい)としての神像や本地垂迹説による仏像などをあらわしたもので,その形態から鏡面に毛彫,線刻,描画したものを鏡像とよび,鏡面や鏡地板に別製の薄肉または厚肉の神像や仏像をとりつけたものを懸仏とよんでいる。平安時代の御正体の主流は鏡像で,その在銘最古のものとして永延2年(988)銘の線刻阿弥陀五尊鏡像(重文)がある。…

【神道美術】より

…神社で鏡をひもろぎとして御正体と称するのは古俗であったが,この鏡の表面に,仏像を線刻するようになった。鏡像とか本地仏御正体と呼び,遺品は12世紀ごろから伝わっている。また,鏡面の線刻にとどまらず,レリーフのように半肉彫の仏像をはりつけた鏡もあらわれ,懸仏(かけぼとけ)と呼ばれる。…

※「鏡像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鏡像の関連キーワードマイケル・G. コニイ秋田県大仙市豊川プルキンエの法則ジアステレオマーエナンチオ異性エナンチオマーキラル化合物Dカルニチンラセミ化合物ラセミ混合物プルキンエ像立体異性体内臓逆位症二放射相称鏡像異性体ノールズ不斉合成双晶滑り鏡像段階ラセミ体

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡像の関連情報