コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光感受性発作(読み)ひかりかんじゅせいほっさ

家庭医学館の解説

ひかりかんじゅせいほっさ【光感受性発作】

 テレビ画面などの閃光(せんこう)や点滅を注視した直後、けいれん、意識障害、不快感などをおこすもので、脳波の異常がみられます。一定以上の光点滅周波数による、脳への強い刺激などが原因でおこるとされています。
 テレビを見る環境に注意するほか、通常の生活でも光刺激によって発作(ほっさ)をくり返す場合は、治療が必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android