光明皇后願経(読み)こうみょうこうごうがんきょう

世界大百科事典 第2版の解説

こうみょうこうごうがんきょう【光明皇后願経】

光明皇后発願写経させた一切(大蔵経)で,天平12年(740)5月1日経,天平15年(743)5月11日経,天平宝字4年(760)正月11日発願の坤宮官一切経の3種が知られる。特にこのうちの天平12年5月1日の皇后の願文を持つ一切経を《光明皇后願経》と呼ぶことが多く,また《天平十二年経》あるいは《五月一日経》と呼ぶこともある。この一切経は,玄昉(げんぼう)がからもたらした経論を底本にして,736年に写経が始められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android