コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光明皇后願経 こうみょうこうごうがんきょう

世界大百科事典 第2版の解説

こうみょうこうごうがんきょう【光明皇后願経】

光明皇后が発願,写経させた一切経(大蔵経)で,天平12年(740)5月1日経,天平15年(743)5月11日経,天平宝字4年(760)正月11日発願の坤宮官一切経の3種が知られる。特にこのうちの天平12年5月1日の皇后の願文を持つ一切経を《光明皇后願経》と呼ぶことが多く,また《天平十二年経》あるいは《五月一日経》と呼ぶこともある。この一切経は,玄昉(げんぼう)が唐からもたらした経論を底本にして,736年に写経が始められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光明皇后願経の関連キーワード正倉院文書写経所

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android