経論(読み)キョウロン

大辞林 第三版の解説

きょうろん【経論】

〘仏〙 仏の教えを記した経と、経の注釈書である論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ろん キャウ‥【経論】

〘名〙 仏語。三蔵の中の蔵と論蔵。経と論。
※続日本紀‐文武四年(700)三月己未「又謂曰、経論深妙不究竟
※太平記(14C後)八「仏像・神体・経論(キャウロン)・聖教(しゃうげう)、忽に寂滅の煙と立上る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android