コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光智 こうち

2件 の用語解説(光智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光智 こうち

894-979 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)6年生まれ。京都の人。東大寺の良緒にまなぶ。天暦(てんりゃく)4年東大寺別当。以後3回別当となり,在任約15年の間に伽藍(がらん)の修理・復興や財政的確立などに力をつくした。応和元年同寺内に尊勝院をたて,華厳(けごん)宗の本拠とした。康保(こうほう)5年大僧都。天元2年3月10日死去。86歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

光智

没年:天元2.3.10(979.4.9)
生年:寛平6(894)
平安中期の華厳宗の僧。京都の人。俗姓は平氏。良緒に師事。東大寺五師を経て,天暦4(950)年同寺の別当となる。15年におよぶ在任中に,伽藍の修造と財源の確保に尽力した。「東大寺封戸荘園并寺用帳」を作成し,大仏殿の角木を取り換え,伊賀国(三重県)玉滝杣を東大寺領としたのは有名である。応和1(961)年,村上天皇の命で東大寺内に尊勝院を創建して御願寺とし,華厳宗の僧10人を置いて,華厳宗の拠点とした。この間,良く寺を治めたことから権律師とされ,のちに大僧都となった。<参考文献>永村真『中世東大寺の組織と経営』

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光智の関連キーワード明恵上人橋本聖準華厳宗智儼華厳英性円超正進智鎧普機

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光智の関連情報