コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光智 こうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光智 こうち

894-979 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)6年生まれ。京都の人。東大寺の良緒にまなぶ。天暦(てんりゃく)4年東大寺別当。以後3回別当となり,在任約15年の間に伽藍(がらん)の修理・復興や財政的確立などに力をつくした。応和元年同寺内に尊勝院をたて,華厳(けごん)宗の本拠とした。康保(こうほう)5年大僧都。天元2年3月10日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

光智

没年:天元2.3.10(979.4.9)
生年:寛平6(894)
平安中期の華厳宗の僧。京都の人。俗姓は平氏。良緒に師事。東大寺五師を経て,天暦4(950)年同寺の別当となる。15年におよぶ在任中に,伽藍の修造と財源の確保に尽力した。「東大寺封戸荘園并寺用帳」を作成し,大仏殿の角木を取り換え,伊賀国(三重県)玉滝杣を東大寺領としたのは有名である。応和1(961)年,村上天皇の命で東大寺内に尊勝院を創建して御願寺とし,華厳宗の僧10人を置いて,華厳宗の拠点とした。この間,良く寺を治めたことから権律師とされ,のちに大僧都となった。<参考文献>永村真『中世東大寺の組織と経営』

(岡野浩二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

光智の関連キーワード陸山会をめぐる土地取引事件陸山会の土地取引事件光厳天皇茜部荘常照寺観真

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android