コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北漢 ほくかん Bei-han; Pei-han

5件 の用語解説(北漢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北漢
ほくかん
Bei-han; Pei-han

中国,五代十国の一つ。後漢の隠帝の死 (950) ののち,翌年叔父劉崇が山西の太原で即位,復活させた国。契丹と結び,後周,宋と争ったが,広運6 (979) 年第4代英武帝のとき宋に攻められ滅亡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほく‐かん【北漢】

中国、五代十国の一。後漢(こうかん)滅亡後の951年、一族の劉崇が山西に建国。都は晋陽。979年にに降りて、五代十国の分裂が終わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほくかん【北漢】

中国、五代十国の一。後漢こうかん滅亡の翌年、劉知遠の弟劉崇が太原(山西省)に建国(951~979)。契丹きつたんと結んだが、宋に滅ぼされた。

ほっかん【北漢】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北漢
ほくかん

中国、五代の一つで、後漢(こうかん)ともいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北漢の言及

【漢】より

…951年(乾祐4)に太原で再建され五代最後の後周と争う。これを北漢というが,契丹の援助でかろうじて存立し,979年(太平興国4)にに併合されて滅びた。五代十国【愛宕 元】。…

【山西[省]】より

… 五代になると,晋(後晋)が建国にさいし遼(契丹)の援助を受けた代償に,今日の大同(雲州)と北京(燕州)地方を含んだ,いわゆる燕雲(えんうん)十六州を譲与したので,万里の長城内の本省北部は中国の直接支配から離れたのである。その後,太原には漢(後漢)の残党が遼の援助のもとに北漢を立てた。この国は宋に滅ぼされ,その支配下に帰したが,大同を中心とする北方領土は回復することができず,宋ではその他の地域を河東路に所属させた。…

【漢】より

…中国,秦につづく統一王朝。前202‐後220年。秦の滅亡(前206)後,項羽と覇権を争って勝利を収めた農民出身の劉邦(漢の高祖)によって創建された。前206年,劉邦は項羽より漢王に封ぜられたが,漢の名はこれに由来する。ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。…

※「北漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北漢の関連キーワード荊南後漢後蜀五代史五代十国前蜀南漢南唐過税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北漢の関連情報