コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北漢(読み)ほくかん(英語表記)Bei-han; Pei-han

大辞林 第三版の解説

ほくかん【北漢】

中国、五代十国の一。後漢こうかん滅亡の翌年、劉知遠の弟劉崇が太原(山西省)に建国(951~979)。契丹きつたんと結んだが、宋に滅ぼされた。

ほっかん【北漢】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の北漢の言及

【漢】より

…951年(乾祐4)に太原で再建され五代最後の後周と争う。これを北漢というが,契丹の援助でかろうじて存立し,979年(太平興国4)にに併合されて滅びた。五代十国【愛宕 元】。…

【山西[省]】より

… 五代になると,晋(後晋)が建国にさいし遼(契丹)の援助を受けた代償に,今日の大同(雲州)と北京(燕州)地方を含んだ,いわゆる燕雲(えんうん)十六州を譲与したので,万里の長城内の本省北部は中国の直接支配から離れたのである。その後,太原には漢(後漢)の残党が遼の援助のもとに北漢を立てた。この国は宋に滅ぼされ,その支配下に帰したが,大同を中心とする北方領土は回復することができず,宋ではその他の地域を河東路に所属させた。…

【漢】より

…中国,秦につづく統一王朝。前202‐後220年。秦の滅亡(前206)後,項羽と覇権を争って勝利を収めた農民出身の劉邦(漢の高祖)によって創建された。前206年,劉邦は項羽より漢王に封ぜられたが,漢の名はこれに由来する。ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。…

※「北漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北漢の関連情報