北漢(読み)ほくかん

旺文社世界史事典 三訂版の解説

北漢
ほくかん

951〜979
五代十国の一国
947年沙陀 (さだ) 部出身の劉知遠 (りゆうちえん) が建国した後 (こうかん) が950年後に滅ぼされると,弟の劉崇が太原即位し,北漢をおこした。遼 (りよう) の援助により後周と対抗し,後周の滅亡後も続いたが,979年太宗に降伏した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北漢
ほくかん
Bei-han; Pei-han

中国,五代十国の一つ。後漢の隠帝の (950) ののち,翌年叔父劉崇が山西の太原で即位,復活させた国。契丹と結び,後周,宋と争ったが,広運6 (979) 年第4代英武帝のとき宋に攻められ滅亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほく‐かん【北漢】

中国、五代十国の一つ。後漢の滅亡後、九五一年、その一族劉崇が山西に建国。九七九年、宋に降った。漢。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の北漢の言及

【漢】より

…951年(乾祐4)に太原で再建され五代最後の後周と争う。これを北漢というが,契丹の援助でかろうじて存立し,979年(太平興国4)にに併合されて滅びた。五代十国【愛宕 元】。…

【山西[省]】より

… 五代になると,晋(後晋)が建国にさいし遼(契丹)の援助を受けた代償に,今日の大同(雲州)と北京(燕州)地方を含んだ,いわゆる燕雲(えんうん)十六州を譲与したので,万里の長城内の本省北部は中国の直接支配から離れたのである。その後,太原には漢(後漢)の残党が遼の援助のもとに北漢を立てた。この国は宋に滅ぼされ,その支配下に帰したが,大同を中心とする北方領土は回復することができず,宋ではその他の地域を河東路に所属させた。…

【漢】より

…中国,秦につづく統一王朝。前202‐後220年。秦の滅亡(前206)後,項羽と覇権を争って勝利を収めた農民出身の劉邦(漢の高祖)によって創建された。前206年,劉邦は項羽より漢王に封ぜられたが,漢の名はこれに由来する。ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。…

※「北漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android