コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光永直次 みつなが なおつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光永直次 みつなが-なおつぐ

1773-1855 江戸時代後期の植林家。
安永2年生まれ。肥後(熊本県)益城郡(ましきぐん)辺田見(へたみ)村の山支配役。御船川(みふねがわ)上流域の阿蘇(あそ)外輪の吉無田(よしむた)官山に,文化12年(1815)から240万本のスギ,ヒノキを植林。子の光永直治(なおはる)が業をついで水源地の山林をそだてた。安政2年死去。83歳。名は惟房(これふさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

光永直次の関連キーワードモーツァルトトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白鶴岡一人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android