光谷拓実(読み)みつたに たくみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光谷拓実 みつたに-たくみ

1947- 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和22年9月4日生まれ。東京農大で園芸学をまなび,昭和50年奈良国立文化財研究所にはいる。55年からヒノキとスギを中心に標準年輪パターンの作成にあたり,平成8年日本ではじめて樹木年輪による年代測定法を完成。この方法で大阪の池上曾根遺跡にある大型建物跡の実年代を確定した。平成9年吉川英治文化賞。鳥取県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光谷拓実の関連情報