コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫電気泳動 めんえきでんきえいどうimmunoelectrophoresis

翻訳|immunoelectrophoresis

2件 の用語解説(免疫電気泳動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫電気泳動
めんえきでんきえいどう
immunoelectrophoresis

感度のよい簡単な蛋白質成分分析法の一種で,電気泳動抗原抗体反応による沈降反応とを組合せた技法。血清蛋白質の組成分析に使われることが多い。 1950年代に開発されたもので,抗血清さえあらかじめ準備しておけば,精製しない試料についても,微量で容易に分析が行えるので,生化学での定法的分析手段の一つとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone