コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫電気泳動 めんえきでんきえいどう immunoelectrophoresis

翻訳|immunoelectrophoresis

2件 の用語解説(免疫電気泳動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫電気泳動
めんえきでんきえいどう
immunoelectrophoresis

感度のよい簡単な蛋白質成分分析法の一種で,電気泳動抗原抗体反応による沈降反応とを組合せた技法。血清蛋白質の組成分析に使われることが多い。 1950年代に開発されたもので,抗血清さえあらかじめ準備しておけば,精製しない試料についても,微量で容易に分析が行えるので,生化学での定法的分析手段の一つとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

免疫電気泳動

 抗原解析法の一つで,抗原を電気泳動法で分離したあと,泳動方向と同方向に溝を作り,そこに抗体を入れて免疫拡散法を行う方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

免疫電気泳動の関連キーワード主成分分析複合蛋白質プラスミン単純蛋白質蛋白ノッチ蛋白質規格分析法公定分析法蛋白価M 様蛋白質 (M-like protein)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone