コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫拡散法

2件 の用語解説(免疫拡散法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

免疫拡散法

 多孔性のゲルの中で抗体と抗原を拡散させて抗原抗体反応を起こさせ,抗体や抗原の単一性などを知る方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきかくさんほう【免疫拡散法 immunodiffusion technique】

血清学的検査法の一つで,抗原性をもつ物質の解析には欠くことができない。二重拡散法double diffusion testともいう。抗原抗体とを寒天,アガロースなどのゲル内で向かい合って拡散させながら,ゆっくり反応させて目に見える沈降線をつくらせる方法で,多種類の抗原と抗体があるときは,その種類に応ずるだけの沈降線が観察できる。沈降線ができる原理は,一般の沈降反応と同じで,ゲル内を拡散する抗原,抗体両物質の濃度比が最適の場所で沈降物が形成されることによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

免疫拡散法の関連キーワードアナフィラキシー臨床検査血清検査TPHA免疫原性抗原性血清学自己抗原微生物学的検定法免疫学的検査

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone