コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉南柯 こだま なんか

1件 の用語解説(児玉南柯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉南柯 こだま-なんか

1746-1830 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年11月4日生まれ。武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)につかえ,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。侍講などをつとめ,寛政11年私塾遷喬館(のち藩校)を設立した。文政13年1月4日死去。85歳。甲斐(山梨県)出身。本姓は豊島。名は琮。字(あざな)は玉卿。通称は宗吾。著作に「漂客紀事」「徳教篇」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の児玉南柯の言及

【岩槻藩】より

…家禄を有する者は57人にすぎず,高も250石から40石という小禄であった。5代忠正のとき,家臣児玉南柯の家塾遷喬館経営を助け,後に藩校とした。6代忠固の1843年(天保14)将軍家慶の日光社参の宿館となり城内に大修理を加え,45年(弘化2)江戸城本丸普請の功により3000石加増した。…

※「児玉南柯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

児玉南柯の関連キーワード児童文学フェリペ穴井六郎右衛門民衆を導く自由の女神ブルボン朝シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone