コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉南柯 こだま なんか

1件 の用語解説(児玉南柯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉南柯 こだま-なんか

1746-1830 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年11月4日生まれ。武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)につかえ,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。侍講などをつとめ,寛政11年私塾遷喬館(のち藩校)を設立した。文政13年1月4日死去。85歳。甲斐(山梨県)出身。本姓は豊島。名は琮。字(あざな)は玉卿。通称は宗吾。著作に「漂客紀事」「徳教篇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の児玉南柯の言及

【岩槻藩】より

…家禄を有する者は57人にすぎず,高も250石から40石という小禄であった。5代忠正のとき,家臣児玉南柯の家塾遷喬館経営を助け,後に藩校とした。6代忠固の1843年(天保14)将軍家慶の日光社参の宿館となり城内に大修理を加え,45年(弘化2)江戸城本丸普請の功により3000石加増した。…

※「児玉南柯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児玉南柯の関連キーワード大堀正輔羅城交寛美小島必端薩摩屋道舟三鍼高瀬栄寿樗雲西川一四帒一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone