コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉南柯 こだま なんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉南柯 こだま-なんか

1746-1830 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年11月4日生まれ。武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)につかえ,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。侍講などをつとめ,寛政11年私塾遷喬館(のち藩校)を設立した。文政13年1月4日死去。85歳。甲斐(山梨県)出身。本姓豊島。名は琮。字(あざな)は玉卿。通称は宗吾。著作に「漂客紀事」「徳教篇」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の児玉南柯の言及

【岩槻藩】より

…家禄を有する者は57人にすぎず,高も250石から40石という小禄であった。5代忠正のとき,家臣児玉南柯の家塾遷喬館経営を助け,後に藩校とした。6代忠固の1843年(天保14)将軍家慶の日光社参の宿館となり城内に大修理を加え,45年(弘化2)江戸城本丸普請の功により3000石加増した。…

※「児玉南柯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android