党錮(読み)とうこ

精選版 日本国語大辞典「党錮」の解説

とう‐こ タウ‥【党錮】

〘名〙 (「党」は党人、「錮」は禁錮の意) 中国、後漢末に宦官(かんがん)一派が党人を禁錮したこと。党人は儒教的官僚層を主体とする党派であったために、宦官による腐敗政治を批判した。これに対して、一六六年、宦官は桓帝を擁して弾圧を加え、以後宦官の横暴が激化し、後漢滅亡の一因となった。党錮の禁。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の党錮の言及

【漢】より

…それが黄巾の乱であった。
[党錮と黄巾の乱]
 後漢も和帝の時代を過ぎると早くも衰退の色が濃くなった。その原因の一つは皇帝が幼年で即位し,しかも短命で終わったことである。…

※「党錮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android