党錮(読み)とうこ

精選版 日本国語大辞典「党錮」の解説

とう‐こ タウ‥【党錮】

〘名〙 (「党」は党人、「錮」は禁錮) 中国、後漢末に宦官(かんがん)一派が党人を錮したこと。党人は儒教的官僚層を主体とする党派であったために、宦官による腐敗政治を批判した。これに対して、一六六年、宦官は桓帝を擁して弾圧を加え、以後宦官の横暴が激化し、後漢滅亡の一因となった。党錮の禁

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「党錮」の解説

【党錮】とう(たう)こ

党人を禁錮する。〔後漢書、党錮伝〕中元年、る。中常侍呂彊、に言ひて曰く、黨錮久積、人怨み多し。(も)し久しく赦宥(しやいう)せずんば、~變を爲すこと大せんと。~乃ち大いに黨人を赦す。

字通「党」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の党錮の言及

【漢】より

…それが黄巾の乱であった。
[党錮と黄巾の乱]
 後漢も和帝の時代を過ぎると早くも衰退の色が濃くなった。その原因の一つは皇帝が幼年で即位し,しかも短命で終わったことである。…

※「党錮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android