兜掛(け)(読み)カブトカケ

デジタル大辞泉の解説

かぶと‐かけ【×兜掛(け)】

兜を掛けておく台。陣中用と座敷用の飾り台とがある。陣中用は、等身の柄に兜の鉢裏を支える丸板をつけ、その下に緒搦みの横手をつけたもの。これに兜をのせて、兜持ち従者が持って主将に随行した。兜立て

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かぶと‐かけ【兜掛】

〘名〙 兜を掛けて置くための台。ほぼ身長ほどの高さの柄に兜の鉢裏を支える丸板をつけ、その下三寸ぐらいのところに緒搦みをつけ、それから一尺ばかり下に肩にになうための下向きの鉤形をつけたもの。これに兜をのせ、頬当をつけて、従者が持って大将の後から従い、陣中では大将の背後の地面に突きさしその目印とした。かぶとたて。
※三好筑前守義長朝臣亭江御成之記(1561)「御腹巻は左は細中書、右は松少弼持参。御腹巻甲がけにかけて、甲をもわたがみにからむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android