コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入れ詞 イレコトバ

デジタル大辞泉の解説

いれ‐ことば【入れ詞】

ある語を構成する各音ごとに他の音をはさみこみ、特定の人だけに通じるようにした一種隠語。例えば、「やきもち」に「し」を入れて「やしきしもしちし」、「かね(金)」にカ行同段の音を入れて「かかねけ」とする類。多くは遊里に流行した。入れ子ことば。はさみことば。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いれことば【入れ詞】

言葉の一音ごとに他の音をはさみ、特定の人だけに通じるようにした一種の隠語。「やきもち(焼餅)」を「やしきしもしちし」(「し」の音を挿入)という類。唐言もこの一。入れ子詞。 → 挟み詞ことば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入れ詞の関連キーワード入れ子詞言葉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android